アルト、ミニカ鍵作成


どうもお久しぶりです。タクローです。
なんだかんだいいながらブログの更新サボってました・・・すみません。

さて、日付は違いますが、最近の作業をいくつか分けて投稿したいと思います。

タイトルの通り、スズキのアルトと三菱のミニカの鍵作成をしてきました。
まずは豊田でアルトの鍵作成。
1403266843556
近すぎますね、はい。
車内を見る限り、どうやらいじりまくってるようです。まずシートが換えてあります。

そして、MTでマフラーも換装済み。

まぁ、そんなことは置いといて、鍵作成に入ります。
1分ほどでピッキングも終わり、ちゃちゃっと段差を読み取ります。
ささっと削り、ミスブランクもなく終了!
お客さんには30分ほどで終わると言ってあったのですが、それよりもちょっと早く終わりました。

ほんでもって、次に鍵作成やったのが、三菱のミニカ。
そんなに三菱にあたることがないので、いい経験ですね。
場所はなんと、セントレア!中部国際空港の駐車場です。
どうやら会社の労働者がそこで車を乗り捨て、どこかへ飛んでいってしまったようです。

写真は載せる予定だったのですが、モザイクかけ忘れたしかけるのも面倒なので省略。
5段差ですがパターンが決まってるのである程度読めれば簡単にできます。

ピッキングも5分かからず開いたのですが、駐車場の停められる場所が遠く、結構な距離を往復することに・・・。
おかげで調整のために何往復もして時間はかかるわ汗だくだわで大変でした。

お客さんも元々車関係の仕事をしているらしく、「昔に比べて鍵作るの安くなったねえ!」なんて言ってました。
たしかにそうなのかも?
でも今の時代、これほどの技術職でも労力に見合わない金額じゃないと依頼は取れません。嫌な世の中ですね。

車の鍵を1万で作れると思ってる人もたまにいるのですが、その相場はどこからくるのでしょうか・・・。

リベンジ?マジェスティ


昨日はお昼から岡崎のとあるコンビニでダイハツ ミラのインロック開錠!

結構古い年式のものでした。

到着し、料金を伝えてから早速作業開始!

電話で受付の時に「早ければ5分ほどで開きます」と伝えてあるので、多少のプレッシャーと不安を抱えつつピッキング開始!

不安とは裏腹に1分かからんかった\(^ω^)/

その後は小牧でYAMAHA マジェスティC の鍵作成でした!

昨日に続いてのマジェスティ!
ブランクも同じで、7ピンです!

イグニッションから直読み!
昨日とは違ってめちゃくちゃ読みやすい!なんだこれ!

当然のごとく1発で完成、すんなりとタンクとダッシュボードとイグニッションが回る鍵ができました!

やっぱり昨日がおかしかったんや!(`・ω・´)
そう思い、少しホッとしました。

[長文]鍵作成の1日(っ´ω`c)


今日は鍵作成ばっかりが4件入りました_(:3」∠)_

まずは三菱ふそうのグレート!
平成6年式の10トンのダンプです。

t02200393_0269048012960527522

お客さんめっちゃ厳つい人でしたが、いい人でした(・ω・)

肝心の鍵作成はというと……片側8ピンです。
ブランクはM340。
ドアには7ピンしかなく、イグニッションで1ピン追加です。

ピッキングするも奥が厄介な配列で回らず……
でもピッキングせず素読みで削ったら回りました(´Д`)ナンダヨー

追加も削って完成!暑い中で汗だくでした。

次にヤマハのビーノ!
片側7ピンで、一発でした!ふふん!

その後、ロッカーの開錠と鍵作成でした。
鍵を作って開けた方が早いので刻印だけ調べて事務所に戻り、ブランク調べて事務所で削って再びお客さんのところへ。

一発すんなり~!
まぁ、データあるし回んないはずがない。

そんな感じで19時もすぎてしまったので直帰。

しばらくして蟹江でYAMAHAのグランドマジェスティの鍵作成の依頼が入りました。

えぇ、久しぶりの大ハマリです。といっても、3時間くらい?
入りたての頃の5時間とか6時間まではいかなかったですね(´-ω-`)

まずイグニッションから直読み。
7ピンです。奥が若干怪しいですが一通りDepthの書き出し。
次にガソリンタンクを読み取ります。ここは奥から5ピンが入っています。
ダッシュボードも5ピン。
この3つを読み取り、奥から5ピンが決まります。

タンクとダッシュボードは回る。バッチリである。
さぁ、あとはイグニッションから手前2ピンのパターン削って終わりや!

と思うじゃん?
想定できる全てのパターンを削っても回らず…
まぁそこから様々な格闘があり…

ふとしたお客さんとの会話から事態は一気に好転しました。

「そういえば、イグニッションとガソリンタンクの鍵は一度壊れてるんで、交換したんですよ!」

何ィ?!どうやら、イグニッションとタンクは同じ鍵、ダッシュボードが違う鍵らしい。

そして作業を見ていたお客さんの更なる言葉で一気に鍵が完成に近づきました。

「んー、確か鍵の先端はそんなに深い溝はなかったと思うなぁ~」

なにそれ!それが本当なら超大ヒントじゃん!
その言葉を信じ、先端の4ピンを1段階ずつ浅く削ります。

タンクは回る。さっきの段差ですらすんなり回るのに、それ以上にすんなり回る。
これは希望が出てきたぞ!

あとは追加2ピン。
1パターン目回らず。
2パターン目にて

回ったあああああああああああああああああああ!!!

両面仕上げて完成です。

どうやら、いくつもの不運が重なっていたようです。

①イグニッションとタンクはシリンダーが交換されていた。
②イグニッションの奥から4ピンが全て劣化により通常よりも1段階高く見えていた。手前の高いピンと同じ高さだった。
③タンクの方も奥から4ピンが全て劣化により通常よりも1段階高く見えていた。
④ダッシュボードの鍵の配列が、偶然にもイグニッションやタンクと非常に近い配列だった。

色々不運が重なりましたが、鍵作成で最終的に作れなかったことは今のところないですね。
逆に言うと、最終的には作れるという運も持ち合わせてるのかもしれません。

まだまだやなぁ~

日々精進ですわc⌒っ ´・ω・)っ

鍵屋RLOCK 鍵の種類 家の鍵 車の鍵 バイクの鍵 対応地域 名古屋市内 尾張地区 西三河地区 東三河地区 料金表 ご依頼手順
鍵トラブルが
発生したらすぐに
お電話ください!
0120-979-579
(携帯・スマホOK)
受付後、担当より
詳しい料金や
到着時間を伝えます
ご納得後、現場へ
出動します
作業完了後
スッキリ解決!